うなじ(えりあし)脱毛でヘアスタイルやファッションを楽しもう

電話予約・お問い合わせ
046-826-2626
上部へ戻る
うなじ(えりあし)脱毛でヘアスタイルやファッションを楽しもう

セイフティでは、うなじをえりあしと同じ部位として施術します。

うなじ(えりあし)脱毛をすると、髪の毛のアップスタイルを堂々と楽しめるようになります。浴衣やドレスなどで髪をアップにしたいときにも、好きなアレンジに挑戦できるのでおすすめです。水着のときにも、いろいろな髪型を楽しめるでしょう。ここではうなじ(えりあし)脱毛について、サロンではどのように施術を進めていくのか、詳しくご紹介しましょう。

うなじ(えりあし)脱毛を行なうメリット

きれいなうなじ(えりあし)の女性を見ると、男女問わずつい見入ってしまうでしょう。うなじ(えりあし)がきれいだと髪の毛をアップするのにも自信を持てるようになり、普段のファッションだけでなく結婚式やパーティーといった場でも安心です。きれいなうなじ(えりあし)になりたいな・・・と思いつつなかなか脱毛まで踏み込めない、そんな人のためにうなじ(えりあし)脱毛のメリットをご紹介します。

ムダ毛処理をしなくて済む

脱毛サロンできれいにうなじ(えりあし)の脱毛をしてもらったら、自身でムダ毛処理をする必要がなくなり、とても楽になります。自分ではなかなか見えづらい箇所でもあるうなじ(えりあし)、プロによってきれいに脱毛してもらうことで安心しておしゃれを楽しめるようになります。

カミソリや毛抜きを使った処理も難しい箇所になるので、安全かつきれいなうなじ(えりあし)にするためには脱毛サロンを利用するのがおすすめです。浴衣や着物、ドレスなどを着るときにうなじ(えりあし)の毛で慌てずに済む点も嬉しいポイントです。

うなじ(えりあし)を清潔に保つことができる

うなじ(えりあし)の脱毛を行なうと、いつも清潔に保つことができるというメリットもあります。汗ばむ季節には、うなじ(えりあし)に汗が貼り付いたようになり不快感を感じることがあるでしょう。髪の毛がうなじ(えりあし)や首にまとわりつき、汗の臭いが気になることもあります。さらに、うなじ(えりあし)に毛が生えていることで蒸れやすくなり、皮脂と混ざり合って嫌な臭いを放つこともあるため注意が必要です。

脱毛でうなじ(えりあし)をきれいにしておくと、蒸れにくくなり汗も拭き取りやすくなります。見た目からして清潔感も感じられるため、周りの人に良い印象を与えることもできるでしょう。

うなじ(えりあし)脱毛の回数、目安はどれぐらい?

メリットがたくさんあるうなじ(えりあし)脱毛、サロンで受ける場合は何回くらい通えば良いのでしょうか?1回や2回の施術で終わるものではなく、しばらく期間を空けて通うことが必要です。

うなじ(えりあし)の毛の量や濃さなどには個人差があるため回数にも幅が出てきますが、6回くらいが平均の回数といえます。今生えている毛だけでなく、これから生えてくる毛にもアプローチするのが脱毛なので、回数もこれぐらい必要となってくるのです。

元々毛が多くて濃い人の場合は、10回くらい通う必要も出てきます。最初のカウンセリングでムダ毛の状態を見てもらい、だいたいの目安を教えてもらうようにすると安心でしょう。

うなじ(えりあし)脱毛って痛い?

脱毛と聞くと、多くの人が痛みについて不安を感じるでしょう。脱毛の種類や箇所によって感じる痛みは異なり、個人差もあるというのが現状です。それでも事前にどれぐらいの痛みか知っておきたいという人のために、今回はうなじ(えりあし)に注目して考えてみましょう。

まず、脱毛の種類で見ると、光脱毛がお肌へのダメージは一番少ないです。よって、痛みも感じにくくなっています。じんわりと熱く感じる程度と表現されることも多く、比較的痛みが強いとされる箇所においても輪ゴムでパチンと弾いた程度と言われます。

うなじ(えりあし)については、比較的痛みを感じにくい箇所となっています。そのため、脱毛初心者にとっても、挑戦しやすいといえるでしょう。クリニックでのレーザー脱毛でも痛みを感じにくいと言われているため、お肌に優しい光脱毛ならますます痛みについて心配することはないでしょう。

脱毛は、痛みと向き合う必要のある施術です。できれば痛くない方が良いと考えるのは、みんな同じです。お肌に優しい脱毛法を採用しているサロンを見つけて、事前のカウンセリングでしっかりと確認しておくことをおすすめします。

うなじ(えりあし)脱毛にデザインってあるの?

うなじ(えりあし)脱毛は、どんなデザインにするかもしっかり考えておきたいです。サロンやクリニックによって実施しているデザインに違いもあるため、どんなうなじ(えりあし)にしたいのかを考え、それに合う施術をしてくれるサロンを選ぶようにしましょう。自分では直接見ることのできないうなじ(えりあし)、デザインにはいくつか種類があります。

うなじ(えりあし)の下、ちょうど首の真後ろにあたる位置の形をどうするかで印象も大きく変わります。下部分をまっすぐ揃えてしまうもの、少し丸みを持たせたもの、襟足とうなじ(えりあし)が自然になるように整えられたものなど、いろいろとあるのでじっくり選びたいです。

自分のうなじ(えりあし)の状況に応じて、適したデザインを選ぶことも大切です。じっくりと考えながら、自分のうなじ(えりあし)に自信を持てるようにしましょう。

うなじ(えりあし)脱毛を体験した人の感想も参考に

うなじ(えりあし)脱毛は、ワキやVIO、手足といった定番の箇所に比べてややマイナーに感じてしまいます。自分ではじっくりと見ることができない箇所だからこそ、不安なくきれいにしておきたいと考える人が多いでしょう。そこで、実際にうなじ(えりあし)脱毛を体験した人の感想も参考にしてみてください。

  • 髪型でアップスタイルを楽しめるようになった
  • ショートヘアにも挑戦できる
  • 浴衣やドレスなどを堂々と着ることができる
  • 彼氏にうなじ(えりあし)がきれいと褒められた

みなさん、思い切ってうなじ(えりあし)の脱毛をしてよかったという意見が多くなっています。自分では処理が難しく、それでいて髪型や服装によっては目立ってしまううなじ(えりあし)、プロに任せてきれいにしてもらうことで堂々と過ごせるようになるでしょう。

うなじ(えりあし)脱毛を受けるときの注意点

うなじ(えりあし)の脱毛を受けるとき、他の部位を脱毛するときと同じようにいくつか注意点があります。場合によっては施術ができないとなってしまう恐れもあるため、順調に脱毛を進められるよう注意点についても理解しておきましょう。

  • 日焼け対策は万全に
  • 保湿をしっかりと行なおう
  • 余裕を持って脱毛に取り組む

脱毛時、日焼けは厳禁となってしまいます。日焼けしてしまったお肌に照射すると、やけどを起こしてしまう可能性があるからです。特に首元は日焼けしやすい箇所でもあるので、日ごろからしっかりと対策を行なうことが大切です。

日焼け対策を行ないながら、日々の保湿も心がけてみましょう。乾燥したお肌に機器を照射していくと痛みを感じやすいです。少しでも痛みを感じずに済むようにするためにも、日々の保湿を意識してみましょう。お肌に使用する保湿クリームなどを活用し、毎日のケアに加えてみてください。

また、時間と期間に余裕を持って取り組むことも大事です。間隔を空けて通いながら少しずつきれいになっていくのが脱毛なので、その点についても理解しておくことが大切です。

セイフティ横須賀では安全かつリーズナブルなうなじ(えりあし)脱毛を提供しています

脱毛を実施しているサロンは、今では数えきれないほどあります。全国に店舗を展開している大手サロンから地域密着型の地元サロンまで、その種類も様々です。当店セイフティ横須賀は、神奈川県横須賀市で営業しているアットホームな雰囲気のサロンです。脱毛をはじめ、まつげパーマやフォトフェイシャルなどのメニューも揃えています。

うなじ(えりあし)脱毛に関しては、SパーツやMパーツとなるため料金が比較的リーズナブルです。

  • Sパーツ(首やもみあげなど)・・・1回1,500円
  • Mパーツ(襟足など)・・・1回5,500円

うなじ(えりあし)といってもどの部位を具体的にきれいにしたいのかを考え、しっかりカウンセリングを行なったうえで施術に入ります。3回や6回と回数がまとまったプランもあるため、うなじ(えりあし)の毛量に合わせて適したものを提案いたします。

脱毛メニューはこちらから